るごろの営業日誌

あけましておめでとうございます

2018年になりました。
お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか。

るごろ家は毎年欠かさず初詣にでかける神社でしか
おみくじは引かないようにしています。
それを教訓に一年を過ごすのです。
昨年、嫁が引き当てたのが『凶』。
この神社にお参りし始めて二十数年以来初めての『凶』。
以降恐ろしいほどに悲しい事や辛い事、
不運な出来事が連続した一年でした。
年代的にちょうど重なるのかもしれませんが、
心身ともに非常にしんどい年でした。
色々思い返すとうんざりするくらい・・・
そんな2017年もようやくようやく明けました。
今年は『末吉』、店主は『吉』。
心穏やかにすごせるよう祈るばかりです。

今年は戌年ですね。
愛犬りんごにとっても2度目の戌年です。
我が家に来た時には推定7歳と言われていたので、
こんなに長く一緒に暮らせるとは思っていませんでした。
昨年末にはお隣のビーグルももちゃんが旅立ちました。
大好きな大好きなももちゃんでした。
本当に年末の未まで悲しい事ばかり。
りんごの仲良しもどんどん減っていきます。
りんご自身はまだまだ元気なおばあちゃん犬。
ずっと困らせて笑わせて欲しいです。

さて、本年もるごろをどうぞよろしくお願いいたします。
初売りは6日(土)です。
今月は筥崎宮の蚤の市もお休みなので
のんびりゆる〜く営業しております。
ご来店お待ちしております。

12年前のりんご。若々しい!ワンダホー!

2018-01-05 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

11月の催し

11月です。
今月もるごろ全開でイベント出店いたします。

こぶのいち
11月5日(日) 9:00〜15:00
雨天決行・雨の場合はできる限り長靴でお越し下さい
会場/ベラミ山荘(若松区高塔山公園音楽堂下)
こぶの市FB
ベラミ山荘FB
今回で最後となります。
若松のキャバレーベラミの寮だった建物、
昭和の空気に包まれた空間でのイベントです。
ぜひお越し下さい。

TNC古本&レコード市
11月21(火)〜27(月)10時〜19時
会場/TNC放送会館1F エントランスホール
(福岡市早良区百道浜2丁目3-2)
古道具も販売します。

筥崎宮蚤の市
11月26日(日) 7時〜15時
会場/筥崎宮(福岡市東区箱崎)
恒例の蚤の市です。
今月もお会いできるのを楽しみにしてます!

2017-11-01 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

猫のおわび

我が家にはいつの間にか2匹の猫が出入りするようになった。
はじめは白に赤毛がやって来て、
1年後この猫が白にグレーの弟を連れてきた。(ちなみに母猫は三毛)
猫嫌いな愛犬が年老いてあまりかまわなくなったのと、
2匹が利口で悪さをしないので
なんとなく許していて、特に店主に懐いている。
いつも仲良くゴロゴロする姿になんだか癒される私達だったが
きちんと飼おうとすると猫たちは逃げてしまい、
なかなか飼い猫になってくれないまま1年以上が過ぎていた。

ところが先日、留守中に台所に入り込みお出汁のパックを包装袋から
引き出してバラバラに引きちぎるという悪事をやらかした。
やはり野良猫、店主は2匹を前にこんな事をしたらダメだと諭し、
しばらく冷たい態度で接していたらしい。
それから数日経ったある日、
「こんばんは」と、私の目の前を2匹が通り抜け階段を上っていった。
アレレと目を遣ると弟猫が口にプラリと何かくわえているのが見えた。
おまけに側にいるドヤ顔の兄猫。
嫌な予感。鳥肌が立つくらい嫌な予感。
上の部屋には店主が居る。
「今猫が行ったけどなんかくわえとったよー、やばいよー」と上に叫ぶ。
と、すぐに店主の悲鳴「えっ!えっ!えーーーっ!ダメ、ダメ、ダメーーー!」
店主の悲鳴に2匹はおどろいて脱兎のごとく階段を駆け下り
外へ出て行ってしまった。
予感は的中、弟猫はどこかで捕獲したネズミをくわえていたのだった。

店主は弟猫のグレーの色と同じ色のネズミだったので最初は分からなかったらしい。
自分のしっぽをくわえているのかと思ったって・・・そんなアホな。
チラリと見ただけだが、大きな丸々したネズミだった。
大きくて立派で美味しそうなの捕まえたから真っ先に
最近つれないおっちゃんに持って行こうって。
この前はごめんなさいのココロで。
つまりあれは減点を取り返すための店主へのお詫びの品に違いないと思った。
兄猫はそばで大好きなおっちゃんの喜ぶ姿を想像して
ワクワクしていたのかもしれない。「弟がやりましたーっ!」って。
ところが驚きと恐怖にさけぶおっちゃんを見て
期待はずれに今頃落胆しているかな・・・と思ったら笑えてくる。

猫は義理堅い。義理堅くて面白い。
今度はお魚くらいにしておいてニャ。

あいつらやっべー

2017-10-23 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

ありがとうございました

image

スープカリーとかき氷、珈琲を楽しむ会
無事終了しました。
やっぱり美味しいイベントは楽しいですね。
たくさんのご来場ありがとうございました。

なんだかバタバタで当日の写真が撮れなかった・・・
かき氷あんまり食べれなかった・・・
ですが、今週の土曜日(9月2日)に赤坂のロンドさんで
スワンのかき氷が登場します。
ロンドさんFB
美味しいかき氷を楽しみに是非お出かけ下さい。
私達も今度はお客さんで行こうと思っています。

2017-08-29 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

きびしい残暑

お盆を過ぎてから朝晩は少し涼しくなったものの
日中は日差しがジリジリと嫌になるくらい暑い。
愛犬の足が弱っているので先にご飯を食べさせて、
すっかり日が暮れてからほんの少しだけ散歩に出る。
その時間になると僅かに秋の気配を感じるようになった。
虫の音も秋バージョンに徐々に変化してきた。

考えてみれば今年の始めに店主の母が亡くなってから
気持ちが落ち込むような事が大小色々あった。
なんだかどうもうまくいかない事が多かった気がする。
こちらは意識してなくてもあちらから次々やって来るから
うまく対応できない。

そんな折、脚本家の山田太一さんが脳出血で事実上の断筆宣言
というニュースに接した。
その記事の中で山田さんはこうおっしゃっている

人生は自分の意思でどうにかなることは少ないと、つくづく思います。
生も、老いも。そもそも人は、生まれたときから
ひとりひとり違う限界を抱えている。
性別も親も容姿も、それに生まれてくる時代も選ぶことができません。
生きていくということは限界を受け入れることであり、
諦めを知ることでもあると思います。
でも、それはネガティブなことではありません。
諦めるということは、自分が“明らかになる”ことでもあります。
良いことも悪いことも引き受けて、その限界の中で、
どう生きていくかが大切なのだと思います

断筆宣言はとても寂しいが、
この方の言葉の力強さには本当に感動する。
なんだか心にストンときて、モヤモヤとしたものが
すっと晴れたような気がした。
自分の限界や現実を引き受けて淡々と行こうじゃないか、
そう思えた。

さてさてそんな中、一番楽しみなイベントがまもなくです。
『スープカリーとかき氷、珈琲を楽しむ会』
店主も汗をかきかき準備中。
夏の終わりにモヤモヤも一掃する美味しいイベントへ是非!

DM_OL

氷03

2017-08-24 | Posted in るごろの営業日誌No Comments »