るごろの営業日誌

梅の木を植える


2月に入り立春を迎えたあたりから寒さが厳しくなりました。
雪が積もり、手先足先がしびれるような気温の中
表では夜に昼かまわず猫たちが発する悩ましい鳴き声が
ほんのり春の訪れを感じる今日この頃です。

2月というと私達の梅畑でもそろそろ梅の木の蕾も膨らんで
しばらくすると白く小さな花が開く頃です。
やわらかく甘い香りが梅畑中にほんのり漂って
そうなると春はもうすぐそこという晴れやかな気持ちになります。
花が散ると青葉が芽生え、やがて畑一面緑が広がる春へ。
そして暖かくなるにつれて小さな実がなり、
徐々に膨らんで収穫の夏の入りを迎えます。
住んでいる場所から車で2時間と離れているため、
たまにしか手入れしてあげられないのに
ちゃんと季節に合わせてこのめぐりを繰り返してくれます。
梅畑は気持ちが安らぐ楽園のような場所です。
昨年は剪定のし過ぎや天候で梅の不作の年でしたが
今年はうまく実ってくれるのか心配なところです。

実はそんな梅畑に昨年、売却話が持ち上がりました。
畑のある地域は温泉という売りはあるものの農業が主な産業です。
しかし担い手である若い人はどんどん町の方へ出て行ってしまいます。
過疎化がどんどん進み町の将来に深刻な影を落としているのです。
そこで梅畑のある土地一帯にとある施設を建設して就職口を作り、
なんとか人の流出を防ぎたいというのです。
大切な土地ではありますが、地域のためならと
一旦手放す覚悟を決めました。
もう梅が採れないと思うと寂しくて悲しくて、
今まで加工した梅漬けやシロップやサワーをぼんやり眺め
ため息ばかりの憂鬱な日々でした。
ところがその後、施設計画が意外な方向へ転がったり
色々あって今のところ一旦売却はお断りする事に。
あぁ、また梅を収穫できると胸を撫で下ろしましたが
事態は流動的で来年、再来年どうなるかは分からない
落ち着かない状況は変わりません。

そんな状況の中、梅が収穫できない事態を避けるために
別の場所にも梅の木を少しづつ植えて行こうと思い立ちました。
そして今年その1本目を植樹しました。
苗木から植えるのは初めての経験です。
梅が実をつけるまでは最低3年かかると言います。
グングン元気に育つ事を祈って一番陽当たりの良い場所を選びました。
直径50〜80センチ、深さ50センチの穴を掘って
苗木を植えてその回りに水を溜める溝を丸く掘ります。
種類は人気のある南高梅をまずは1本。
生きている限り色んな人間の思惑に左右されないよう、
そんな場所に増やしていこうと思っています。
去年採れたわずかな梅の実でつけた梅酒が美味しく仕上がりました。
毎晩それを飲みながら次はどこに植樹しようか考えを巡らせています。

楽園!

2018-02-10 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

あけましておめでとうございます

2018年になりました。
お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか。

るごろ家は毎年欠かさず初詣にでかける神社でしか
おみくじは引かないようにしています。
それを教訓に一年を過ごすのです。
昨年、嫁が引き当てたのが『凶』。
この神社にお参りし始めて二十数年以来初めての『凶』。
以降恐ろしいほどに悲しい事や辛い事、
不運な出来事が連続した一年でした。
年代的にちょうど重なるのかもしれませんが、
心身ともに非常にしんどい年でした。
色々思い返すとうんざりするくらい・・・
そんな2017年もようやくようやく明けました。
今年は『末吉』、店主は『吉』。
心穏やかにすごせるよう祈るばかりです。

今年は戌年ですね。
愛犬りんごにとっても2度目の戌年です。
我が家に来た時には推定7歳と言われていたので、
こんなに長く一緒に暮らせるとは思っていませんでした。
昨年末にはお隣のビーグルももちゃんが旅立ちました。
大好きな大好きなももちゃんでした。
本当に年末の未まで悲しい事ばかり。
りんごの仲良しもどんどん減っていきます。
りんご自身はまだまだ元気なおばあちゃん犬。
ずっと困らせて笑わせて欲しいです。

さて、本年もるごろをどうぞよろしくお願いいたします。
初売りは6日(土)です。
今月は筥崎宮の蚤の市もお休みなので
のんびりゆる〜く営業しております。
ご来店お待ちしております。

12年前のりんご。若々しい!ワンダホー!

2018-01-05 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

11月の催し

11月です。
今月もるごろ全開でイベント出店いたします。

こぶのいち
11月5日(日) 9:00〜15:00
雨天決行・雨の場合はできる限り長靴でお越し下さい
会場/ベラミ山荘(若松区高塔山公園音楽堂下)
こぶの市FB
ベラミ山荘FB
今回で最後となります。
若松のキャバレーベラミの寮だった建物、
昭和の空気に包まれた空間でのイベントです。
ぜひお越し下さい。

TNC古本&レコード市
11月21(火)〜27(月)10時〜19時
会場/TNC放送会館1F エントランスホール
(福岡市早良区百道浜2丁目3-2)
古道具も販売します。

筥崎宮蚤の市
11月26日(日) 7時〜15時
会場/筥崎宮(福岡市東区箱崎)
恒例の蚤の市です。
今月もお会いできるのを楽しみにしてます!

2017-11-01 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

猫のおわび

我が家にはいつの間にか2匹の猫が出入りするようになった。
はじめは白に赤毛がやって来て、
1年後この猫が白にグレーの弟を連れてきた。(ちなみに母猫は三毛)
猫嫌いな愛犬が年老いてあまりかまわなくなったのと、
2匹が利口で悪さをしないので
なんとなく許していて、特に店主に懐いている。
いつも仲良くゴロゴロする姿になんだか癒される私達だったが
きちんと飼おうとすると猫たちは逃げてしまい、
なかなか飼い猫になってくれないまま1年以上が過ぎていた。

ところが先日、留守中に台所に入り込みお出汁のパックを包装袋から
引き出してバラバラに引きちぎるという悪事をやらかした。
やはり野良猫、店主は2匹を前にこんな事をしたらダメだと諭し、
しばらく冷たい態度で接していたらしい。
それから数日経ったある日、
「こんばんは」と、私の目の前を2匹が通り抜け階段を上っていった。
アレレと目を遣ると弟猫が口にプラリと何かくわえているのが見えた。
おまけに側にいるドヤ顔の兄猫。
嫌な予感。鳥肌が立つくらい嫌な予感。
上の部屋には店主が居る。
「今猫が行ったけどなんかくわえとったよー、やばいよー」と上に叫ぶ。
と、すぐに店主の悲鳴「えっ!えっ!えーーーっ!ダメ、ダメ、ダメーーー!」
店主の悲鳴に2匹はおどろいて脱兎のごとく階段を駆け下り
外へ出て行ってしまった。
予感は的中、弟猫はどこかで捕獲したネズミをくわえていたのだった。

店主は弟猫のグレーの色と同じ色のネズミだったので最初は分からなかったらしい。
自分のしっぽをくわえているのかと思ったって・・・そんなアホな。
チラリと見ただけだが、大きな丸々したネズミだった。
大きくて立派で美味しそうなの捕まえたから真っ先に
最近つれないおっちゃんに持って行こうって。
この前はごめんなさいのココロで。
つまりあれは減点を取り返すための店主へのお詫びの品に違いないと思った。
兄猫はそばで大好きなおっちゃんの喜ぶ姿を想像して
ワクワクしていたのかもしれない。「弟がやりましたーっ!」って。
ところが驚きと恐怖にさけぶおっちゃんを見て
期待はずれに今頃落胆しているかな・・・と思ったら笑えてくる。

猫は義理堅い。義理堅くて面白い。
今度はお魚くらいにしておいてニャ。

あいつらやっべー

2017-10-23 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

ありがとうございました

image

スープカリーとかき氷、珈琲を楽しむ会
無事終了しました。
やっぱり美味しいイベントは楽しいですね。
たくさんのご来場ありがとうございました。

なんだかバタバタで当日の写真が撮れなかった・・・
かき氷あんまり食べれなかった・・・
ですが、今週の土曜日(9月2日)に赤坂のロンドさんで
スワンのかき氷が登場します。
ロンドさんFB
美味しいかき氷を楽しみに是非お出かけ下さい。
私達も今度はお客さんで行こうと思っています。

2017-08-29 | Posted in るごろの営業日誌No Comments »