2016-01

日常

20160115_02

朝。店主が火鉢で焼いたお芋を愛犬が狙っている。

炭で焼くお芋は甘くておいしい。
何より部屋に広がる焼き芋のにおいがたまらない。
たまらないのは人間だけじゃない。
この愛犬りんごの顔・・・必死。
ずーーーっと吠えて奪おうとする。
悪い犬めアップにしてやる。

20160115_03


2016-01-15 | Posted in るごろの営業日誌No Comments » 

 

年末年始

lugoro

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくご贔屓くださいませ。

***************************

昨年末から駆け足状態。
28日は小倉へ買取りに出かけた。
ずいぶん昔からの知り合いの依頼でレコードなどなど。
待合せの時間まで少しあるので店主のリクエストで
北区室町にある老舗喫茶店VIVOへ。
この辺りは開発されて街の様相もずいぶん変わったけれど
この一角はそのまま、懐かしいまま。

2016_01

2016_02

おにぎりとみそ汁付き、
定番のスパゲティセットと焼きそばセット。
鉄板でジュージュー、玉子が隠れていて
たまらなく美味しかった。

翌日29日。
日帰りの広島・尾道旅行を強行。
年末年始の喧噪の直前、静かな高速道路を
一路広島まで3時間半。
どうしてもお好み焼きが食べたかった。
小さな希望を全力で叶える旅は、
なんだか若者みたいで楽しい。

色々調べて広島インターの近くにあるお店へ。
ここは自家製オリジナル麺で色んなバリエーションがある。
黒ゴマを練り込んだゴマ麺、店主はシンプルなプレーンで注文。

2016_03

こっちも鉄板ジュージューで見ただけでヨダレが・・・
無理しても行って良かった、本当に美味しいお好み焼き。

その後広島から車で1時間半、尾道へ。
千光寺山ロープウェイで登って、ゆるゆる坂の街を下る。
遥かにしまなみ海道を眺めながら迷路のような裏道を行くと
テレビやラジオが言っていたとおり、廃屋がアチコチたくさん。

2016_05

2016_06

階段が急で中年夫婦のひざはワナワナ笑っている、
年配者がここで暮らすっていうのはけっこう厳しいだろうな。
ひざの柔らかい若者がもっと増えるといいね。
そうすると街の人も安心だし、未来も明るい。
自分が20歳若かったら・・・いやいや、九州からは出たくないか。

2016_07

2016_08

尾道ののんびりした空気、お天気も良くて気持ちもほっこりしてくる。
坂を降りた先にある商店街も喫茶店がたくさんあって興味津々。
だけどここいらあたりであえなく時間一杯、散策終了。
駆け足ピンポイント旅もなかなか面白いけど、
今度はゆっくり来ようと店主と約束。
尾道風お好み焼きはこの次ね。
橋を渡った因島には因島焼き略して“いんやき”もあるらしい。
日帰りでどこまで行けるか。

そんな鉄板ジュージューな年末は慌ただしく過ぎていき、
残る2日間は掃除に正月料理づくりで終了。
そして新たな年。
今年も皆様とたくさんお会いできますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2016-01-05 | Posted in るごろの営業日誌No Comments »